045 キンダー・バッグ...動物たちをアップリケして
d0118692_20482524.jpg
新学期ですね!...とか言いながら...出遅れですが...^^;
子供用のバッグを作りました...動物たちが勢揃い!
…………………………………………………
アップリケ...アップリケ...懐かしい響きですね!
ミシンでカタカタ...童心に帰るような気分...ふふ
d0118692_20483546.jpg
まだテキスト編集していませんが...ショップに新登場!
   
[PR]
# by momen_to | 2008-04-06 20:55 | for KIDS
044 「ベトナム式鍋つかみ」Do nhac bep...新発売(開発小咄)
d0118692_1837426.jpg
Do nhac bep...ベトナム式鍋つかみです
…………………………………………………
もうひとつの食いしん坊blog「arinco's kitchen」では
既に...プレゼント♪企画で...お披露目しましたが
やっと...こちら「も・め・ん・と」でも...遅ればせながら...初登場です!
…………………………………………………

d0118692_18381784.jpg...とか言いながら...
続きの絵は...キッチンスケール?!...何で?
いや...少々ごゆるりと...
Do nhac bepの開発話にお付き合いのほど! ^^

ド・ニャック・ベップ「ベトナム式鍋つかみ」は,
元々...ベトナムの縫製工場で作り始められました.
大量に作られる衣料品...そこでは大量の裁ち屑や端切れも同時にできてしまい...もともとは,その有効活用...鍋つかみは,副産物なのだそうです.

いわゆる「鍋つかみ」は,キルティング生地の真四角やミトンの形をしたものが多いですね.
だけど,私自身は「コレ!」と言うような鍋つかみに出会ったことは,ほとんどありません.前にお友達からいただいた皮製の物はナカナカ!でしたが...
ところで...プロの板前さん達は,鍋つかみ,どうしてる?...肩や首に掛けた手拭い・布巾をクルッと鍋の取っ手に巻いて...なんてカッコいいことしてるのです.

一つのタイプで,鍋もオーブンも...オールマイティという訳にはいきませんが...使い勝手の良い鍋つかみが欲しいな...ずっと考え続けてきました.
そんな時に知ったのが...いわゆる「ベトナム式鍋つかみ」でした.
サイズは...14cm×21cm.
手の大きさにピッタリです...フック掛けループ付き...スグレモノ!だな...こりゃ...
が...中にチョキチョキとカットして入れた端切れは...化繊あり,平織りあり...かなり大量に入っていても,クッション性などがイマイチ?...な物も多いのです.
…………………………………………………

そこで...本当の使い心地の良さ...もちろん「all cotton」にできるものなら!...そんなコトを考えながら「も・め・ん・と流のDo nhac bep」を作ってみることにしたのでした.
  ・ 滑りにくく,グリップ感が,ガッチリしてて,安心感・安全性のあること!
  ・ 木綿の気持ちの良い肌触りを大切にすること!
  ・ 繰り返し,洗濯して使える(使い捨てではない)こと!
  ・ キッチンやテーブルに,ちょっと楽しい雰囲気を添えられること!

サイズやスタイルは...ベトナム式標準が優れているので,そのままにして...
数ヶ月間...試行錯誤したのは,こんなことです.
  ・ 中のクッション素材(木綿で!)の材質・カットの仕方・量を最適にすること.
  ・ クッション性が良く,繰り返しの使用や洗濯にも変形や片寄りが少ないこと.
  ・ 縫製の方法や,ステッチの機能に工夫をすること.
去年の暮れ頃から...ですから...もう3ヶ月以上かな?...途中,10名以上の!ベテラン主婦の皆様方にモニターしていただきながら...やっとコレ!...形になりました.
…………………………………………………

それで...↑キッチンスケール?...何が?...というお話しですが...
見かけの単純さに比べると...
クッション材のカットや詰め込みが...意外に手間がかかります...これ...^^;
そして...2枚で1セット...私的にはココは大事!アバウトはNG...
両方のクッションの量は同じであるべき!...珍しく真剣になってしまいました.
つまり,試作しながら...クッション材の重さを計り,適量を決めていったのです.
何グラム?...えへへ...それは企業秘密ってコトで!...^^
最初は...2g刻みの電子キッチンスケールで量ったのですが...これだと誤差最大4g.
次に...郵便用の天秤タイプの秤...いやぁ...メッチャ...メンドクサイ...orz
で...こうなったら...1g以下のレベルで計測可能な電子スケールですよ!
ということで...他にも使い道あるし!とゲットしたのが...↑上の秤です! ^^
0.5g刻み表示...ということは...誤差±1g以内でクッションの量が計れる!のです.
…………………………………………………

つい...長々と能書きをたれてしまいましたが...^^;
この「も・め・ん・と流のDo nhac bep」...本当に使い勝手良く仕上がりました.
そして...工夫と言う名の開発!を...楽しいプリントやチェック...肌触りの良いコットン生地でスッポリくるんで...やれやれ...新発売!
ショップの...ベトナム式鍋つかみ(Do nhac bep)...13種類...
ぜひ!...見てやってくださいね!...だまされた!と思って使ってみてね!
…………………………………………………
d0118692_18384651.jpg
ミシン糸以外...オール・コットン製です!
鍋敷きや...ポットの頭巾!...そんな使い道もあったりしてネ!...^^
d0118692_183909.jpg
   
[PR]
# by momen_to | 2008-03-31 20:20 | for YOU
探訪 斑鳩「大森染工場」の注染...5.「仕上げ」と,数々の染め物たち
d0118692_16131632.jpg
…………………………………………………

d0118692_16133232.jpg斑鳩「染太郎」サンの探訪記...
一念発起したものの最後で頓挫...><
ごめんなさい...お待たせしました.
今日はゴージャスに!

トップ↑の「蕪のぼかし染め」,
何とも色合いや大らかな絵が好きです.
工場の入り口(右手下)で見つけました.
あんまり素敵だったので...
超アップで! ^^
糊付・巾出し・湯のし...仕上げの工程を終えた生地は,一反毎に切り離し...検品や巻き取りがされて...やっと製品として...工場から旅立ちます.斑鳩「染太郎」サンには...有名ブランドやデザイナーさんからの注文品もたくさんあります.
d0118692_16141033.jpg
…………………………………………………
こちら...工場の仕上げ作業をしているスペースには,
いろんな作品が,所狭しと出荷待ち...壁には素敵な「染め」の数々...ディスプレイ!
では...ダイジェスト版...ご覧あれ!...^^
d0118692_16144438.jpg
…………………………………………………

d0118692_16161836.jpg柄や色合い,
染め方のテクニックの色々,
無限に楽しい「染めの世界」.

手拭いや浴衣のための,
日本独特の技法...
いわゆるプリント=捺染とはまた違う...
今回の「注染」...いかがでしたか?

最後に...
今回,私が買い求めた物,いくつか...
ご覧ください...↓↓↓
「ぼかし」「細川」...
いろんなテクニックで表現された注染.
この布の風合いを生かし,
すでに数種のアイテムの
制作がスタートしています!

早く...ショップにもご紹介しなくちゃ!
…………………………………………………
d0118692_16165444.jpg
…………………………………………………
連載...長〜いこと時間がかかってしまいました...^^;
楽しみに,読み続けてくださったみなさま...ありがとうございました!...完
   
[PR]
# by momen_to | 2008-03-18 16:50 | 木綿人な...お噺
探訪 斑鳩「大森染工場」の注染...4.「水洗(浜)」から「立干し」
ちょっと更新をサボると...一週間が過ぎ!...その分,婆さんになっていく私...orz
斑鳩「染太郎=大森染工場」サンのレポート...後半に入りました.
今回は...「水洗(浜)」から「立干し」まで!
…………………………………………………
「そそぎ染め」が終わると,次は水洗の工程に入ります.
この水洗の設備は「浜」と呼ばれ,専門の職人さんは「浜方」と呼ばれます.
この「浜」は...長さにして...う〜ん...20mばかりあったかな?
それと...脱水の,猛烈にパワフルな「遠心力脱水機」が設備の主なものです.
d0118692_14411365.jpg
●ここでは...型置の時の(防染)糊と,上かぶりした余分な染料を洗い落とす仕事です.
あらかた糊を落としたものは...次に洗剤にくぐらせて...長い水洗漕に移されます.
いやぁ...もう...目まぐるしく作業が早いのです!
それは...染めたものが色移りなどしないように...一刻一秒を争うという感じ...
d0118692_14412434.jpg
●水洗漕=「浜」に次から次に入れられた反物は...
目にも止まらぬスピードで...振り洗いされ...即...脱水機で完全脱水されます.
d0118692_14413520.jpg
…………………………………………………
●脱水が終わると...反物をもって工場の二階に...二人の人が駆け上がります.
そう!...ここは屋内の乾燥室...反物を床に置き...何やら,上を眺めています.
高い天井!7メートル超かな?...梁が何本も並んでいます.
天日乾燥の場合も,同じように,高い梁から反物を重ならぬように干すのです.
これを「立干し」と呼ぶそうです.
d0118692_1547358.jpg
●一人が梁の上に上がりロープを下ろし...下からは反物を掛けて...引っ張り上げる...
上は,梁にきれいに並べ...下では反物をていねいに広げる作業...あっという間!
ヒーターとファンを回して...高速乾燥...ですね. ^^
…………………………………………………

d0118692_15472772.jpg←こちらの画像は「染太郎」さんからお借りしたものです.色とりどりで美しい...壮観です.

●手拭いや浴衣は...ほとんどが春→夏の季節商品です.来シーズンに向けてのデザインは一年前の夏頃...そして形紙を起こし...その製品づくりは...秋から冬が一番忙しいとのことです.
…………………………………………………
次回は...このシリーズ最終5...「仕上げ」と「染太郎さんの染め」をお送りします.
   
[PR]
# by momen_to | 2008-02-01 14:41 | 木綿人な...お噺
探訪 斑鳩「大森染工場」の注染...3.「そそぎ染め」
d0118692_1551969.jpg●板場で糊付けの終わった生地は,
糊付台から下ろされ,
いよいよ次の工程に入ります.
準備のできた生地は,
染め台の上に運ばれ,
「壺人(つぼんど)」と呼ばれる職人さんが
染めるのです.

●右画像の上の生地を...→
↓下の壺人さんが,染めているところです.
…………………………………………………

d0118692_15513637.jpg●二色以上の色使いをする場合や,
色の違う模様が近い時には,
←このように境界部分に,さらに糊で囲いをして,薬缶と呼ばれる道具で染料を注いでいくのです.

●一枚の形紙で,同時に2色以上「差し分け」染め!だなんて...ちょっとアクロバティック!
柄によっては限界もあるのでしょうけれど,何かちょっとしたことで隣り合わせの色が被ったり...なんていうのは...むしろ「そそぎ染め」だからこその味わい深さのような気がします.

●私がお邪魔した時の「そそぎ染め」工程の画像...少なかったので,染太郎さんからも画像を提供していただきました...↓
d0118692_1551572.jpg
●このようにして,上から,防染糊でブロックされた内側部分に各色の染料を注ぎ,それを下からコンプレッサーで染料を呼びにいき(素人的表現...><),片面からの作業が完了すると,重ねた生地を...ソックリ裏表ひっくり返して...表からと同様に裏からも同じ作業をするのだそうです.つまり...「そそぎ染め」の場合...染め上がりに裏表が無い!=結果的に両面が表!...ということになるのです.

●さらに,2枚以上の形紙を用いて,二度,三度と染めを重ねる方法(=「細川」)もあるのです.また,熟練の技巧や感覚で...水を上手に使った「ぼかし」などの表現で,微妙なタッチや立体感のある意匠を創り出すこともできるのです...@@
…………………………………………………
ああ...お願い!修業させて欲しい!(え?きっとお断りだろうけど^^;)
何と...大らかで豊かな染色なんでしょう!楽しいですね!
こういう仕事には...コンピュータやロボットは一切介在していません.
味わいの手仕事...すべて..職人さんの技と感性が生み出すのです.
…………………………………………………
次回は...洗い「浜」→乾燥「立干し」の工程に...続きます
   
[PR]
# by momen_to | 2008-01-24 16:55 | 木綿人な...お噺
探訪 斑鳩「大森染工場」の注染...2.「晒上げ」から「型置き=板場」
おっと...^^;...染工場探訪記,ピッチを上げて記事にしていかないと,途中で挫折してしまいそう!...続けましょう.見学中に興奮して...やたら撮影枚数だけが多い...が,ブレてたり,アングルがイマイチな画像の山...それをいかにご覧いただけばよいのやら?...画像の不出来は...どーぞ許しておくんなましッ。。。
…………………………………………………
奈良斑鳩の「染太郎=大森染工場」さんでは注染を「そそぎ染め」と呼んでおられるようです。その方がこの染め方がどんなものか?...確かに伝わりやすいような気がします.ご本家の注染(そそぎぞめ)の工程も,ぜひぜひご覧くださいね.
では...「も・め・ん・と」的レポート!
…………………………………………………
今回は,まず,生地のお話しから...
d0118692_102993.jpg●手拭いに使われる生地は,「総理=そうり」と呼ばれる生地が多いです...お馴染みの晒しの風合いに近い生地です.
●そして,もう少し上等が「岡」「特岡」...このあたりになると浴衣地にされることもあります.
●で,もう一丁高級な生地が「コーマ」と呼ばれるもの...これは,繊維にコーム=櫛をかけたもので,主に浴衣地用の生地として扱われているようです.
●染め用の生地は,全てが,精錬→漂白〜糊・汚れ落とし〜乾燥→のしという工程を経て,染色用に準備されます.=「晒上げ」
…………………………………………………
さて...いよいよ染めの現場...工場の中に入っていきましょう.
●「型置き=板場」の工程です.(↓クリックで拡大)
d0118692_10592526.jpg
●晒上りの生地が積まれていますね(左上の画像...職人さんの後ろの白い反物).この生地を糊付台に敷き,「伊勢形紙」を乗せ,ヘラで防染糊を置いていきます.手拭いなら90cmとか浴衣なら100-110cmと,一定の長さで屏風畳みに折りながら同じ作業を繰り返します.生地一反は約12m?...11-12枚重ね.ピシッと皺なく正確に折り返し,糊の位置に狂いが出ないように...並はずれた技巧です.それを3-4反分,連続で重ねて次の「そそぎ染め」の工程に移るのです.「染め台」に運ばれるまでの間...ベンチング...砂をかけて待機させます.
…………………………………………………
●順序が後先しますが...こちらが型置きで使う「防染糊」です.企業秘密なので,あまりツッコンで聞くのもな!...詳細までは解りませんが,何でも海草が使われているそうです.この「防染糊」,成分や濃度によって,染めのデキの善し悪しを決定的にしそう!
d0118692_11284229.jpg
●絵柄の細かさや,その後の染めの技法によって,型置きの仕方にもいろいろあるのですね.白生地を折り重ねるのに必ず使い古しの布を挟んでいます.染めのズレを防ぎ,美しい仕上がりとなるようにこうしているのだそうです.
d0118692_11452435.jpg
●型置きをして防染糊を塗る...すると...型紙の上に糊が乗ります.そして型紙を取り去ると,紗で透けていた部分の糊が生地に付され,その部分には染料が入らない...という仕組みです.
…………………………………………………
次回は...「そそぎ染め」の工程...です
   
[PR]
# by momen_to | 2008-01-21 11:55 | 木綿人な...お噺



コットンの肌触り
by momen_to
ようこそ...  
大好きな布...木綿
タオル,ガーゼ,スムース...etc.
木綿の心地よさを
お届けします
………………
ショップには
↓こちらから...ジャンプ↓



2007 Copyright(C) momen_to.
All rights reserved.
imeges taken by eppie & momen_to
mail to momen...TO
またの名...arincoといいます

カテゴリ
はじめまして...
for BABIES
for KIDS
for YOU
for me
CRAFT works
+α...ideas
now drafting...
木綿人な...お噺
最新のトラックバック
「鶏手羽元の煮物...梅..
from arinco's kitchen
コットン 杉綾テープ 作..
from 服飾繊維の色々です・・・
医療用ガーゼと母のコラボ..
from まさかり半島日記
誕生日プレゼント第二弾♪
from まさかり半島日記
医療用ガーゼ再び
from まさかり半島日記
drapeと遊ぶ
from まさかり半島日記
タグ
(48)
(14)
(12)
(10)
(9)
(9)
(7)
(7)
(7)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
検索
フォロー中のブログ
arinco's kit...
まさかり半島日記
加藤わこ三度笠書簡
酒粕倶楽部
+藍色+
蟻の小筺...遊・造・知・考
どんぐりころころ
はにべ日和
私の好きなもの
Pin・Up 
あくまでも、とあるリウマ...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧